shell-pop - いつでもどこでもshellを出す

説明

Emacsで作業中に、shellで作業をしたくなることはよくあります。そのような際に便利な設定です。

設定

公式1ではC-tに割り当てていますが、私は標準のC-tをわりと多用します。なので、C-c sにアサインしました。

(leaf shell-pop
  :straight t
  :bind
  ("C-c s" . shell-pop)
  :custom
  (shell-pop-shell-type . (quote ("eshell" "*eshell*" (lambda nil (eshell shell-pop-term-shell)))))
  (shell-pop-window-position . "bottom")
  (setq shell-pop-full-span . t))

ターミナルはeshellにしました2(6行目)。 また、常に画面の下部に出すようにしています(7行目)。 ウインドウの幅いっぱいに表示します(87行目)。